かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

自民党(イギリス)に入党

f:id:karinchan:20200615191727j:plain

これでぼくはイギリス政党のメンバーとなった。

イギリスの政治は、ここ最近で特に注目してた。一応ぼくのパスポートはBN(O)なので、今のままでは市民権がありません(若干、ほかのパスポートより労働ビザを取得しやすいが、いきなり仕事を探すとかは無理)。

去年からイギリスの自民党はずっと、BN(O)所有者に全員イギリス市民権を与えるべきと主張している。そこからですね、好感を持つようになった。最近では国家安全法の問題で、保守党と労働党もBN(O)の権利を見直すべきと考え始めたが、これまで一番頑張ったのは自民党だから、感謝するべきと考え、メンバーとなった。

性質上、BN(O)は中国以外の場所ではイギリス籍扱いです。ぼくが日本に行っても、イギリス人となります。ただし、イギリス本土の市民権(=働くと暮らす権利)がありません、それだけが違い。ゆえに、イギリスの政党に参加することは、特に制限はないです(一応投票権もあるが、そっちはイギリスで6ヶ月以上暮らすことが条件となっている)。

元々、このBN(O)パスポートは政治の産物。1997年ホンコン返還のとき、イギリス政府が大量のホンコン人がイギリスに移動することを恐れて、無理矢理に作り出したものである。返還前のホンコンはイギリスのものだから、1997年7月1日以前で生まれたホンコン人は、イギリス人であるはずです。だから、イギリス市民権があって当然のことです。しかし、当時のイギリス政府がそれを拒絶した。そして今はこのざま。ゆえに、イギリスはきちんと責任を取るべきです。ホンコンに居た大量の元・イギリス国民を、独裁者政府に引き渡した、という罪、という責任。

そもそもここ数十年、欧米では平等主義や反人種差別主義が流行っている、ならばこの差別主義のパスポートは、そろそろ見直すべきでは。そういう事も考えて、自民党に入党しました。去年から今まで応援したことを感謝するため、そしてぼくたちの権利を取り戻すため。