かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

Maneater

レビューバージョン PS5

近年、動物になるバカゲーがそれなり増えたんですね、羊だろうか牛だろうか。今度のこの『Maneater』はサメになるわけです。サメだから海では凶暴で何でも食うというイメージはこのゲームではそのまま再現されて、海のオープンワールドみたいな感覚で暴れまわる。

バカゲーなんですが、ゲーム性からでは一般的なオープンワールドと左程変わらない。あちこちに収集物が配置されて、そしていろんなサブミッションが用意される。コンセプトから見るとすごく面白そうだけど、中身は普通のオープンワールドと変わらないのが問題かもしれない。実際、中盤以降ではやることがあまり変わらないから少し退屈を感じたことも。特に本作の主人公サメは序盤こそ弱いものの、ゲームを進めば進むほどいろんな能力や装備を手に入れて、もはやこれ本当にただのサメなのかという疑問を持つほどの化物に変わっていく。こんな化物の前に、例えばクジラだろうとすごい装備の船だろうとイチコロです。確かに序盤では弱いままでワニと死闘するのが緊張感があって面白かったが、中盤以降のバトルはおそらくシャチ以外、どれもあっけなくすぐ勝てるので、無双ゲーみたいに変わっていく。これがちょっと残念だった。サブミッションも、殆どは似たような条件なので、正直今では時代遅れですね。

サメの戦闘方法は噛み付く、尾で攻撃、あるいは体当たり。相手によるが(魚か人の船か)、慣れていれば割と単純で攻略法もそんなに複雑ではない。しかもヒットアンドアウェイがすごく有効なので、たとえ格上の相手でも、一撃倒れるではない限り同じ方法で倒せる、または回避を連打して毒を撒くか電気でチキンプレイ。ただ、このゲームではターゲットロック機能がなく、スピードが速い魚だと相手の確認はものすごく苦労する。また、そんなに頻繁的ではないが、エリアチェンジする頃ではたまにロード画面が入ってしまうので、戦闘中だとすごく鬱陶しい。このへんは正直残念だった。

また、オープンワールドであるが、作中の「餌」の動きはあまりリアルじゃない。そう、人のことです。人がサメを見ると悲鳴こそ上げるものの、なぜか逃げはしない。絶対その場から離れないである。小さな魚もそうでしたが、怖いサメを見ても逃走はしないのは、サメ体験ゲームとしてはちょっと遺憾かな。とはいえ、サメが陸上で暴れまわるのもおかしいけど。

もう一つ致命的なことは、突然アプリケーションエラーになることが多い。エンドレスロードもプレイ中では一回遭遇しました。ゆえにゲームの安定性やクォリティはそんなに高くない。幸いセーブデータはプラチナトロフィー取るまでは無事だったけど、こういう部分はプレイに支障が出るので、改善すべきかと思います。

ただ、グラフィックは悪くなく、無双ゲーとしては癖があるゲームなので、こういうゲームを作った事自体は作者に評価したい。暇つぶしとしては悪くないゲームでしたが、元はフルプライスという点を考えると、やや厳しめの評価をします。

ゲーム内容POOR システムPOOR グラフィック&演出STANDARD サウンドSTANDARD

POOR

ガンダムを見に来た

f:id:karinchan:20210221123405j:plain

f:id:karinchan:20210221120615j:plain

ついに先週に行きたかったガンダムを見に来た。横浜は初めてなんですが、武蔵小山からでは目黒線→東横線で1時間いけるので、割とそんなに苦労はしません。

 

ガンダムを見た途端ー

「日本人はイッちゃってるよ、あいつら未来に生きてんな」と素直に思った(苦笑)。いや、褒め言葉です。こんなクレイジーなものを本気でやるのは、正直香港では普通「金めちゃかかるし何の意味もねえだろ、その場所で高層ビル建てろ」と企画段階からすでに一蹴される。だから、こんなことができる日本は素直に羨ましいです本気で。

久しぶりに、一眼レフが大活躍です。スマホではここまで綺麗なズームイン写真を取れません。

 

ただ、てっきりアムロの声でナレーションと思ったのに、ただ知らない人の声だけでイベントを進行するのはちょっとがっかりですね。ここまでやったので、もっといろんなことで活用すべきと思うんですね。

 

と、ガンダムを見に終わったら横浜でフラフラしたんですが、中華街にゼロ興味だから正直赤レンガ倉庫を少し見ただけで戻りました。少しガンプラを買ったけど、正直今はやる暇はないんですね(苦笑

 

 

ごちうさTea Partyと戦国無双5

なぜかごちうさTea Partyの昼の部のチケットを当たった。全然期待してないけどどうしようかな(苦笑)。まあいくけど狙いは千夜様だけだし、正直ぼくはごちうさ好きというより、千夜様しか眼中にないだけですね…。

元々、作品に好きなキャラクターが出来たら、その作品はそのキャラしか興味持たない、狂うほど一筋です、そうやばいやつですぼくはたぶん(笑)

今でも秋葉原では千夜様のグッズしか眼中にないほどの。

 

『戦国無双5』は…。なんだろう。なぜコエテクはここまでして5で一新に拘るかな。三国も5で一度コケたのに。リストラがあったらそれは諸刃の剣ですし。とはいえ、信長の「全部」をちゃんと描くならぼくは別に抵抗はないかな。「全部」というのは、もちろん石山合戦とか比叡山焼き討ちとかも含めるんですよ?そもそも信長やるなら包囲網の筆頭勢力本願寺を登場させないとか意味不だし。

ぶっちゃけ新しい濃姫は割と好みだから別に問題ないけど。ただ、私は地方勢力の話がやりたいがな…。例えば毛利はちゃんと有田中井手からやりたい。

カスタムIEM着弾

f:id:karinchan:20210217212740j:plain

人生最初のカスタムIEMがついにやってきた。ごちうさコラボに釣られてオンキヨーに金を捧げた男です。

f:id:karinchan:20210217213012j:plain

f:id:karinchan:20210217212951j:plain

ずっと千夜様一筋だからモデルももちろん千夜様。

 

ぶっちゃけ、今までにあったモデルにロゴだけ貼るとか本当にチョロい商売だなとは思うけど、そもそもずっとカスタムIEMを欲しがっているから、この機会でいいじゃないかなと思って結局買っちゃった。元々はWestoneのカスタムIEMが欲しがっていたが…。

 

f:id:karinchan:20210217213101j:plain

これでオーディオオタ一式がついに揃いましたね…。ソニーの一番高いあれとBrise AudioのリケーブルとカスタムIEM。

音は、まだエージング中だからなんとも言えないけど、装着感はさすがカスタムIEMだね、ピッタリということです。ただ、逆に外すときはやや難しいのも欠点だけど。

 

と、まあ、これで今は無欲状態です…。

Maneater #1

サクナヒメのプラチナを取れたことで別のゲームに移るということけど、まだスパイダーマンを遊ぶ余裕はあまりないので、毎日1時間ぐらい少しずつ進めるゲームはないかと検討したら、先月フリープレイの『Maneater』が丁度いいということでそっちを始めた。

主人公はサメ…。サメを育成し、海で暴れまわるゲーム。

このゲームは、たぶん序盤が一番きついという典型例ですね。ゲームを進むと、サメがどんどん強くなり、大きくなり、序盤で苦手だった敵を無双するゲーム。しかもなぜか強くなると電気を纏うスキルまで手に入れて、これ本当にサメなのか?というほど、たぶんちょいグロだがバカゲーかもしれない。

ただ、ターゲットロック機能がないから、ボス戦ではわりと面倒くさいかも。

とりあえずしばらくこっちをメインにして進みます。

ガンダムを見ようと思ったが…

本来、今日は横浜にガンダムを見ようと思ったが…昨日の地震のせいで計画を取りやめた。

いや実はね、去年11月まで地震を経験したことは一度もなかったんですね…。日本に旅行したことは多かったけど、幸い不幸か一度も地震を経験したことがなかった。でも日本で生活し始めたら、さすがに経験しないのは無理なんですね、去年11月か12月で2度も経験したんですが、どれも短くて、案内大したこと無いなと、思ったんだけど…

 

昨日のはそうでもなかった…。1分ほど続く、家は幸い何も倒れてないけど、30秒でまだ揺れが止まらなかった頃では、「あれ今回なんかやばい」と恐れていた。なんかニュースではこの一週間では同じレベルの地震が来るかもしれないから、今週では遠いとこに行くのはあまり良くないと思って、ガンダムはいつでも見れるから来週にしようかなと…。とりあえずこの一週間は家で様子見をする。

 

家では倒れそうなものは、おそらく本ぐらい、あと一部の家電かな。まずは対策用のグッズを確保する必要かもしれない。

『那由多の軌跡:改』が6月24日発売。

日本ファルコムは昨日、『那由多の軌跡:改』が6月24日発売と発表しました、価格は4738円。予約特典では全60曲収録「コンプリート・サウンドトラック」。

 

初めてファルコムショップを利用しました。(´・ω・`)b