かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

ラスレム 2

バルテロッサという盛大な寄り道に走りました。いや、よく考えたら最近のRPGは、こういう本編と関係ないのに結構なボリュームの寄り道が少ないよな…腐ってもPS2末期~PS3初期のRPGで、いまのRPGと比べたら神ゲーに見えるほどの作りですね。

もちろん主人公の性格はアレなんだけど、それ以外はわりとまともだった。それにしてもこの戦闘システムはたまらないんですね、サガより面白いし、キャラがどんどん成長するのも。ただ、キャラの成長要素はやりこみ要素だろうけど、そのへんの説明はほとんど無く、取り返せない要素でもあるので、理解する前に既にヤッチャッタことが多く、このへんはちょっと欠点だろうかな…

DQB2までは大丈夫かなと心配はしたけど、この調子なら全然余裕つーか時間が足りないぐらいんですね。なぜならこの時期だと移籍情報がガンガン増えてるし、FM Jリーグパックの更新も忙しいからね。。。

今週のPS4タイトル紹介

JUDGE EYES:死神の遺言

セガ

キムタクが如く。

昔は思ったんだけど、有名の俳優さんをモデルにしてアドベンチャーゲームを作れば、売れるじゃないかな。特に、現実ではどうしても出来ない、ゲームだからこそ可能になることもあるから。と、でも肖像権など、いろいろな権利問題があるとわかって、その思いがそれで消えた…龍が如く出るまでは。

人気は昔ほどではないとはいえ、やはりキムタクは誰でも知ってるほどの有名人なので、今年のTGSもそのおかげか過去にないほど混雑していた。と、しかし、果たしてキムタクを起用すれば本当に売れるか、今から見るとちょっと疑問が浮かぶ。

新規IPに見えるけど、舞台が神室町、東城会が出てくるし、使ってるエンジンは如くそのもの、やることもほとんど似ているから、如くの外伝と考えるといい。シナリオは龍0の人なので、そこは期待できるかもしれません。

ゴッドイーター3

バンダイナムコゲームス

狩りゲーはPSPのともに隆盛し、PSPとともに死んでいく…というイメージ。モンハンだけは相変わらず格別で、もはや狩りゲーを超えた、一つのコミュニケーションになったが、ほかのタイトルは相変わらず苦戦している。GEはPS Vita時代でもそこそこ人気だったが、PS Vitaまで消えた今、果たして据え置きでの狩りゲーは本当に成功するのか…。

残念ながらぼくはこういうひたすら無機質な作業をするのが嫌なので、GE2でも懲りたので今回はさすがに学習した、買いません。

The Game Awards 2018、ドラゴンエイジ新作のティザームービーが公開

本日のThe Game Awardsにて、ドラゴンエイジ新作は予告通り発表された…、が、ティザームービーだけだった。ブログやYoutubeでもこれがドラゴンエイジ新作と明言したが、詳しいことはまだ発表されてない。どうやら正式発表までは、まだ時間がかかりそうだ。

ラスレム 1

PS3初期から色んな人がずっと待ち望んだソフト…。と、まあ、最近はほかのRPGもないのでとりあえず試してみるとのことで。

まずエンジンがUE4なんですから流石に普通のリマスターよりはきれいというべきか。あくまで普通のリマスターよりも、だが。そもそも中身はPS3初期の時代のものだから、HDタイトルとしてはなんかPS2寄りの出来です。うん、そう、FF12みたい、な感じです。

一番評価されるのは戦闘ですが、普通のRPGとは少し違いますね。どう言われるようと、この前でやったサガみたいな感じ。まずレベルという概念はありませんが、戦闘すればするほどいろんな能力があがっていく、スキルも覚えていく。さらにHPは戦闘後自動回復で、戦闘は全力で戦うで大丈夫とのことです。また、団体RPGで、ユニットとユニットと戦う、一つユニットを集中攻撃してもいいし、分散して各個撃破でもいい。囮を作ってやばい敵をロックして牽引し、別の部隊が他の敵を掃除など、そういう概念を入れた戦闘システムです。難易度はほかのRPG寄りは少し高い、と言われることもあったが、試行錯誤で結構手応えがある。そもそもゲームオーバーしても、別のやり方で攻略すれば自然と打開できることもあるので、サガみたいな、わざわざレベル上げる必要もなく、攻略方法が決定打という感じです。

変わったRPGなんですが、面白い手応えがある戦闘システムがあるRPGがやりたいなら、このゲームはおすすめと思いますね。まあ、こんなのでRPGなのか、と言われると、一応戦闘すればするほど強くなるから、RPGといえばRPGなんですかねえ…

 

やはりRPGは良いですよね…どうも最近では洋ゲーが全部やりたくないので、しばらくこのゲームに籠もります