かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

旅行後…

日本での旅行は今まで何度もしたんですが、「国内旅行」としては今回初めてということで、やはり違いますね。なにを言うとやはり飛行機のことを気にする必要はない、日本では帰る場所があるとのこと。そしてATMを普通に使えるとのこと。

確かに、最近では海外のクレカでも日本のATMを使えるけど、一般的にそこまではしたくないので、持ってきた現金をギリギリまで使う必要であり、予算オーバーは絶対できなかった。しかし、今回は「国内」だから、最初からたくさん金を持ち込む必要はないし、足りなかったらコンビニで金を取るだけ、それだけで感覚は違います。また、英語で話しかけられることは一切無かった、パスポートを使う必要はないからね。スマホもローミングとか使う必要ないのも大きい、田舎でも4G使えて回線がすごい快適という点は、以前では考えられなかった。

今回目覚めたのは御朱印集めと御城印集め…、というと今まで行った城はもう一回戻る必要なんですね。ただ、そもそも御城印は最近から流行ってたようだし、15年前小田原城に行ったとき、そんなものはなかったので、結局集めるとしたらやはりもう一回回る必要ですね。

国内だからスーツケース必要ないと思ったんですが、やはりバックパックを背負うのがキツイし、いくとき荷物がなくても、帰るときはお土産など一杯なんですから、次は大人しくスーツケース使うね…。1泊ぐらいだったら必要ないかもが。

また、新幹線を使うのは今回初(特急は先月群馬から戻るときにすでに使った)、一度体験したことで、今後はもう恐れる必要はなかろう。

 

長野県の感想といえば、山と山と山。あと長野市と松本市と上田市の駅前以外では、全くど田舎で、緑ですね……。実は虫は全般だめなので、そういう意味ではわりときつかった(松代いくとき蚊ばかり飛んでたところは実は恐怖まで覚えた)

ただ、人は結構親切的ですので、そこは良いかもしれません。特に観光案内やお土産の店の人はとても優しい、解説も非常的に丁寧であった(時間などを含めて、私の計画をサポートしてくれた)。山家神社の店に入ると、店主が気さくに話しかけてくれて、別に物を買うつもりはなかったが、その態度に好感をもってたので、少しものを買いました…なので、たくさん徒歩はしてたが、個人的にこの場所は好きですよ。まあ飲食店は多く(特に田舎地方)、県外お断りのはしょうがないけど。

南長野方面と北方面はまだ行ってないので、長野県はたぶんいつかまた戻ると思う。そもそも上田は2時間で行けるので、祭りや年末年始などの時期で1泊しても良いかもしれない。

 

次は山形にチャレンジしたいが、予算的にホテルと移動では5万が必要なので、そこはじっくりに検討する必要があるね…

山梨県、甲府

最後の場所は甲府です。松本から諏訪、そのあとはどうするべきか悩んで、距離的に甲府のほうが近いので、信玄公のことをじっくりと見てみたいし甲府に寄りました。

実は山梨県は最初、日本に旅行するとき、ツアーだったんですが一度は来たんですが、あの頃は富士山方面かと思います。そもそもホンコンのツアーでは日本の史跡全然寄らんので、信玄公の本当の本拠地は一度も行ったことない。

朝早く荷物をホテルに預けてバスを乗って神社へ。躑躅ヶ崎館だった場所は、いまはすでに神社になったんですが、色々と回ってやはり興味深い、信玄公の本拠は立派な城ではなく居館である。そしてミュージアムに寄って、御城印をいただきました。その後は神社の周りに少し彷徨いたが(例えば信玄公の墓にお参り)、バスを乗って甲府駅に戻り、甲斐の善光寺を目指した。

同じ善光寺だったが、長野のはめちゃ賑やかに対し、甲斐のはかなり静かでど田舎であった。全く違う世界でしたね。ただ、寺としては甲斐のほうが正しいじゃないかな。商店がいっぱい並んでる寺は、果たして寺だろうか…。

最後は甲府城。甲府駅の近くて、ただの跡だから最後に回した。ざっと回って、正直今回の旅行としては、そこまで大したものではないので、駅前の観光案内から御城印をもらい、そのまま今回の旅行を終了とした。信玄公関連はまだ他にもありますが、遠いのでさすがに無理と判断し、それはまた別の機会で。

最後では腹が減ったので、せっかくだから山梨県の名物料理ほうとうを食べました。結構美味しかったです。

 

今回の旅は、完全に予定通りで回りたいとこは全部回ったので完璧とも言えます。他の誰も邪魔されない地方旅行なので、トータル10時間歩いて、食事もほとんどスキップした。これは一人旅だからこそできたことで、やはり一人旅が一番と思います

しかし、途中から御朱印や御城印に執着し始め、ますます日本人っぽくになってましたね…。まあそもそもホンコンからだと、日本に行くこと自体金かかるし、名所でさえ時間が足りないから、神社で御朱印を集めるほどの余裕はなかった。でも日本では行こうと思えば行けるので、その差が今回の旅で反映されたと思う。

 

次は7月の連休かもしれない、が、今回の旅では予算めちゃオーバーなので、しばらくは家で引きこもりたいと思います。

長野、松本諏訪

1日で松本と諏訪回ることは可能かな?といえば可能だった、ただ本当の意味で他のことを諦める必要である。そもそも諏訪では4社回すことは無理なので、ぎりぎり2社までだった。ちなみに食事は完全に諦める必要です。
今日は松本城、諏訪秋宮、高島城と諏訪本社を回りました。流石にバックパックは重すぎるのでコインロッカーを利用した。前日と比べて、今日はあまり歩いてない、のはずだがグーグルによると徒歩は1時間半…あれ…

まずは7時半頃長野から立つ、松本城を目指した。10時到着だがすでに天守の待ち時間は60分。見事に誰も自粛しないである。とはいえ、現存天守はそもそも数少ないからここは抑えるべき、ということで並んだ。ほかは諦めてもいいという気持ちで。いい体験でした。
そんで駅前に戻ったのは12時、食事なんで時間の無駄なので予定通り下諏訪に直行。秋宮ざっと回って御朱印を拝受。バックパックあまりにも重いので春宮は無理と判断、そのまま上諏訪へ。
流石にバックパックのままでは動き取れないので、コインロッカーを利用、スッキリしたー。ということで観光情報館で相談し、まずは高島城に行きました、諏訪姫に会いに行く(違う
比べるとたしかに松本城よりしょぼいかもしれないが、高島には高島の良さがあるのでぜひ。何よりいい天気であれば富士山見える、が今日はだめだった。
御城印と諏訪姫のグッズを回収し、再び駅前の観光情報館で相談、ときは15時半。御朱印は17時までだそうで、まだ間に合うということでチャレンジ。僕のバス…ではなく果物のかりんちゃんバスを乗って目指した。
本社では商売やってるとこがすでに閉め始め、とりあえず御朱印を拝受しました。間に合いました。しかし時間も時間で、博物館も何もほとんど閉館になってしまい、帰りのバスを待つだけだった…みんな車で来るんだよね…本当、今後旅行のために免許取るべきかな…
帰ったらもう18時半、ご飯はコンビニのサンドイッチ。そのまま甲府を目指して、明日旅行最後の日を迎える。。。

すでに予算めちゃオーバー。今月の食事はサンドイッチと牛丼屋以外禁止確定ね…

長野、長野市

長野といえばガストちゃん…ですけど今回はただ史跡めぐりで川中島中心に回ってた。

まずは川中島古戦場、バスの本数は真田より多いので、それなり余裕だったはずが、結局やはり2時間ほど歩いてた。歩いたのは松代中心だけどね。あそこはほぼ交通機関まともに動いてないから。

古戦場は例の石像はもちろん、お土産屋では施設な店主さんたちが熱くて川中島を解説してくれた…知ってた情報だけど。そして海津城…いまでは松代城と呼ばれた場所に行った、徒歩で。途中では、松代までの橋では蚊がいっぱい!!!!別の意味で昨日よりも怖かった。というより、昨日は別に虫はあまりなかったよね…どうしてなんだろう…

海津城、いえ、松代城ですが、川中島よりも、真田関連が多い。そういえば信之の本拠はここですね、江戸以降。ざっと回って、いよいよ別働隊ごっこで妻女山に目指しました…

ここが一番つらかった。なぜというと本当の意味でバスはないので、徒歩しかない。昨日よりは楽だったけど(昨日はほぼ誰もいなかったが、こっちは農家が多いので人は居た、コンビニもあった)、それでも厳しかった。そして40分ほど歩いて、妻女山まで登ったが

謙信はいずこ!!!!!!!!!!?

 

もちろんいない。は!本陣が危ない!!!!

というごっこです。

妻女山は正直寂しいとこなので、正直歴史マニアじゃないと行く意味はありません。行ったて解説一枚の石版と虫だらけです。まあ、川中島まで来たら、たいていは歴史マニアだけどね…

 

そして帰りも歩いた…。やはり車は必要かもな……

そもそも途中ではバス停を見かけましたけど、休日やってない、平日では1日4、5本だけという一体誰が使うだという謎のバスルートだった…

 

最後は長野まで戻って、善光寺を目指した。しかし時間はすでに15時。寺や神社はたいてい16時までだから、御朱印を拝受するため追加料金払って高速電車を使い、寺までダッシュしていた。足がすでに死んでたのにそれでも走るしかない。なぜなら明日は松本諏訪に行くから善光寺に時間を回したくなかった。

と、ぎりぎり間に合った。毘沙門天のおかげです

長野県、上田市2

試しにホテルでPS5をリモートプレイしましたが、画質がひどすぎて無理でした。WiFiだからかもしれないけど、回線はある程度じゃないまともに遊べないから、ホテルでは厳しいかもしれないね。

今日は真田の郷だった。行くには1時間しか1本がないバスなので、早めに起きて行きましたが、見事に騙された。まさか目当てたバスは休日では運休。結果1時間を無駄にして通常のバスを乗りました。真田センターで降りて、真田歴史館に行くには歩くしかない、30分ほど。あそこにはバスがないなので!

そして真田城、山家神社や長谷寺までも全部徒歩。ゆきむら夢工房まで帰りも徒歩。気付いたら4時間も歩いた。しんどすぎる……

この田舎で歩いたのは僕ぐらいしかないだろうかw

ただ、早めに起きたおかげで、夢工房についたのは12時なので、そのまま砥石城にチャレンジ!

 

……

 

無事にたどり着きましてそして降りましたが、正直滑りやすくてヒヤヒヤした……一歩間違ったら来週のニュースでは僕が主人公になってたかもしれないほど危険。細くて、途中ではロープが必要な斜面(降りた際すでにゆっくりにしたが、結局本当に一回滑っちゃった…ただ幸い安全な場所だった)、何より僕しかない!

ドキドキしたよ、無事に降りたのは、真田の方々が守ってくれたと思う。感謝しかありません。

砥石城はかの有名な砥石崩れ、信玄公が負けた場所だからね、見てみたかったから。今回の体験で、なぜ信玄公負けたのも理解したわ。

 

そしてそのまま帰り…と実はここまで何も食べてなかった(朝でまんじゅう一個ぐらい…)だから砥石城チャレンジはわりと無謀だったかもしれない、足が正直震えていた。ゆえに早速コンビニで何かを買って食べた。

そのまま上田に戻り、長野市を目指した。現在は長野のホテルです。

 

大変歩いて、生死の瀬戸際まで体験したが、見たいとこは全部回ったので満足した。ただまあ、次また山城チャレンジする際、事前飯を食べたほうがいいとは思った

長野、上田市

ただいま長野県の上田市です。初めてのGWで、初めての新幹線に初めての長野県となります。また、日本からの国内旅行も今回初です。初体験のことが多いですが、特に問題もなく、今のところは順調です。

長野県はわりとのんびりしているので、結構いい感じでした。ちなみに到着なのはもう午後なので、予定通り今日は上田城回すだけです。明日は上田の真田郷まで行って色々回ってから長野市に行く予定なので、結局厳しいですがとりあえず今日は早めに寝ることにします。