かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

『FINAL FANTASY VII REMAKE』体験版の感想

自分はFF7世代ではない(正確にいうと当時はRPGというジャンルに興味なかった)、数年前ではPS4版のFF7を少しやったが、ちょうど、ミッドガル脱出のところで放置した。ゆえにREMAKEのパートは、一応記憶はあった。

グラフィックは流石というべきか、フレームレートなどもまあ安定してる。戦闘自体は面白いかどうか、クラシックモードではなくそのままやった感想では、アクションに似てるけど、ロックオンやカメラの挙動がいまいち。そもそもカメラはどうやらキャラに近すぎで視野が狭く、周りの状況を確認しづらい。直前ではP5Sやってるので、操作はたまに誤爆するけど、そのへんは慣れとしか…。通常攻撃以外の行動はほぼATBに制限され、回避スキルや位置取りは結構重要かと。まあ、アクションみたいなら個人的に別にそれはそれでいいけど、通常攻撃だけでは単調ですよね…。

また、敵は硬い。ガードスコーピオンは正直最初のボスなのにそこまで時間かかる必要があるかどうか…。リミットブレイクの威力もちょっと低い、と感じる。

 

でも、最大の問題は…やはりバレットさんですね…こんな軽いキャラなんだっけ…?ぼくはFF7完全にクリアしてないからわからないが、ミッドガル脱出までの印象はここまで壊れてないのはず…(まあバレットに関しては記憶は薄いけど…)。「いよいよだぜ、いよいよだぜええええ」のテンション、引くわ…。