かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-

レビューバージョン PS4 Pro

期待したのに、中身は実は違うものというがっかりと絶望感、このゲームで久しぶりに味わえた。

事前の情報でも、見た目でも、カフェ経営やシミュレーション要素、牧場物語のようなスローライフ要素が多いと期待したんだが、実はカフェ経営がおまけ、ただのストーリー解禁条件で雰囲気を楽しめる要素で、その部分は適当にやっても良い、そもそも経営要素まったく存在しないに等しいと分かったら、本当に天国から地獄に落ちた気分だ。カフェ経営がメインに見えるゲームだが、実際カフェのこと完全放置するほうが一番効率がいいという悲しさ、様々な要素(出来栄え、レア度、メニュー評価、隠し味)が用意されたものの、実は雰囲気だけでやってもやらなくてもほとんど変わらないという適当さ。怒るより、正直初めてゲームで絶望した。

しかし、逆に言うとこのゲームはそもそもカフェ経営ではないため、このへんは評点しません。勝手に期待して勝手に絶望したぼくが悪いんですはい。

ならばこのゲームはなにか。中盤までは散々考えたんだが、7、8章ぐらいでやっと気付いた。アドベンチャーゲーム。カフェ経営という皮を被ったアドベンチャーゲーム。双子がカフェ経営とドラゴン育成を通じて、カフェに来た人たちと絆を結び、お母さんを救う話。カフェ経営自体はそもそもストーリーの解禁条件にすぎないこと、頑張って評判を上がることも、ストーリーを進むためだけということです。頑張って24時間働くも、イベント消化したらそのまま寝ることも、ストーリー的にはまったく影響がないので、カフェ経営要素はただの雰囲気づくりです。だからアドベンチャーゲームです。

ならばアドベンチャーゲームの評価はどうなんだろうか…出てくるキャラクターはまあ確かに個性的で、エピソードによってグッとくる話もあるけど、なぜか肝心なお母さんを救う話は終盤まで完全放置。そもそも展開がわりと唐突で、最初のじいじといい、一部の話といい、説明が適当で流れはあっさりということも多い。またキャラクターのエピソードは数日がかかるが、短い話で終わるイベントが多く、テンポがあまり良くないこと。正直アドベンチャーゲームとして評価すると、なんというか、わざわざゲームとして出す意味がわからない。

とくに最終章の最後はただイベントを見る→寝る→次のイベントを見る→また寝る→…だけで、本当に失笑したよ…

雰囲気とはいえやはり用意されたカフェ要素は、全く適当なもの。そして面白いかどうかは、正直達成感がありません。食材の種類はたくさんあるけど、レシピもたくさん用意されたんだけど、レア食材を使ってすごい食べ物を登録しても適当なやつと変わらないので意味がわからない。なんのためにこんなに多い種類を用意するか…。また、スタッフのサボる頻度があまりにも高すぎる、客がたくさんいようと無視して堂々とサボる、何よりも双子のもうひとりまでよくサボるとは本当にイライラする。手伝うとしてもスタッフに邪魔されるか押し出される、そして移動が遅いなど、イライラする仕様が多い。何が悲しいというと、唯一カフェ経営を評価する満足度は全く意味ないもの。そもそも評判ゲージを貯めてストーリー解禁をするのが目的だが、1日のアップ量は客の平均評価によるもの。つまり1、2人が高評価を与えた後そのまま寝たほうが、頑張って夜まで仕事するよりは稼げる。頑張って手伝ってもゲージはほんの少ししか上がらない、そして適当にやって(そもそも手伝ってないことも)そのまま寝たほうが逆にめちゃ上がるを経験したと、もう何もかもやる気が出ませんね。このゲームは「努力と結果は比例しない」ということをよく再現したんだね…。

金という概念がないため、食材は外で探索して調達する必要。一度入手した食材をそのまま収穫できる便利な畑といけすは用意されたが、時間を要するため(ちなみに畑といけすは勝手に成長するので牧場要素はありませんよ)、基本はやはり外で調達すること。ならばその探索はどうだろうか?…基本は移動アンド連打ゲームです。簡単に言うと最近のアトリエの採取みたいなものだが、戦闘は用意されてません。ちなみに最初の行動エリアはかなり制限されてるため、序盤は同じエリアを往復することなので、ずっと同じことを繰り返して飽きやすい。ドラゴンが成長すれば探索エリアがどんどん開放される、最終的に飛行まではできるが、それまでは地味な作業を繰り返し(実にいうと飛行覚えても地味な作業を繰り返し)だから耐えるかどうか…。

もう一つ問題点は操作のやりにくさ。レスポンスが悪い、そして効かない、例えばジャンプアクションは用意されたが、ボタンを押してもなかなか反応しない、あるいは滑ったようなジャンプで、挙動は思ったとはぜんぜん違う。最初操作できた時点ではすでに違和感を覚えたが、クリアした今でもこの仕様には慣れていません。これはおそらく、ゲーム内容以外での最大の不満です。もちろんロードの多さにはうんざりだが、毎回そこまで長くないから中盤ではもう慣れました。このレベルのゲームではこのロード時間は全く納得できませんが。

グラフィックについては、確かに低予算だがこの雰囲気は別に嫌いじゃないんです。むしろこのゲームの雰囲気に合ってるし、暖かさと可愛さを強調するならアリと思います。ただしオブジェクトとポップインはかなり目立つ、そして影の描写もかなり悪い。指摘した操作の悪さとロードのことを含めて、おそらく開発の技術や予算はあまり高くないと思います、ここもまた、残念です。

正直勘違いと言われても、カフェ経営要素は一応用意されたんだし、宣伝も牧場物語をアピールしたんだから、そこに期待しても仕方がないと思います。だから騙された気分です。何よりも色んな要素が用意されて、結局ただの雰囲気づくりだけとは、あまりにも残念すぎる話。普通の牧場要素があったら、金という概念があったら、店の施設拡張やスタッフの育成、メニューの組み合わせにより特別な効果…ゲームを面白くすることはいっぱいあるじゃないんですか、このなんの達成感もないカフェはいったい何が面白いか、製作者さんどうか教えてください。

何よりゲーム自体は快適な出来でもなく、イライラする部分が多い。本当に何が面白いか全く見えないゲームでした。フルプライスのゲームですから、もう少し真面目に、ゲームの面白さをよく考えて作ってください。

あえて良い点を言うと、BGMがいい、雰囲気がいい…。うん、たぶんそれだけです。

ただただ悲しい、ただただ絶望。

ゲーム内容RUBBISH システムRUBBISH グラフィック&演出POOR サウンドSTANDARD

RUBBISH