かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

十三機兵#1 と武漢ウイルス

ついに欧米でも猛威を振るう武漢ウイルス。あの無能のWHOはついにパンデミックを宣言するが、今更もはや無意味と同然。

あまりにも皮肉なことに、WHOに参加してない台湾だけが、一番うまく状況をコントロールしてる。かえて考えると、WHOの話を聞く必要がないとこだけが、一番安全というだと、WHOの存在意義はどこにあるか、ということ。

欧米諸国では台湾のWHO加盟を支持してるが、WHOは相変わらず中国共産党の言いなり組織だとしたら、台湾はあえて加盟しないほうが得策なのでは。

そう、WHOの話は聞く必要もない。どうせあのエチオピア人は、金だけで動くものですから。

 

と、十三機兵。428みたいなゲームですね。いろんな設定で物語を仕上げ、そして様々な主人公から物語の断片から覗く、世界観や謎をうまくどんどん解明される同時に、また別の謎を導入させ、「これはどういうこと?どうなっての?」というプレイヤーの好奇心を煽り、かなりハマりやすいゲーム。

戦闘パートは現状いまいちやる意味を見出せないが、あえていうとロボットが出るだからその設定を活かす必要があるか、とか。でも、見せるのはただの四角シンボルはねえ…せめてスパロボみたいにロボのデフォルメモデルだったら燃えるけど、予算が足りないだろう…