かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

Indivisible #4

たぶん後半戦に。

ストーリーは大まかというと(ネタバレなので興味ないなら以下の引用文をスキップしてください)

主人公が暮らす村が突然襲われ、主人公の”父”が殺された。父を殺した男・Dharに復讐しようと思ったがまさかDharが自分の脳内世界に吸収された(一応設定です、仲間は自動的に脳内世界に吸収される、戦闘するときは出てくる。後半戦では一部の仲間がしばらく離脱するので自由に出入りことが可能っぽい)。仕方なくDharと共にDharのボスRavannavarを探す。途中でRazmiなどの仲間を見つけたが、結局一行はRavannavarの兵士に捕まれ、空中要塞の監獄にぶちこまれた。

仲間だけではなく武器まで自分の脳内世界に収蔵できたので、それを使って脱獄し、空中要塞のエンジンをぶっ壊してやっとRavannavarと対面した。しかし結局はRavannavarに釣られてMt. Sumeruまで行った。そこでRavannavarは主人公がKala(世界をリセットする本作の最大の敵)の封印を解ける鍵と言い、主人公と戦って負けたが、Kalaの封印はそれで解けてしまいました。主人公は砂漠に飛ばされ、砂漠の街で自分がKalaを倒せる存在と知り、3つの場所のゲートを開放し、またしてもMt. Sumeruに突入。

しかしこのとき主人公はただKalaを倒すだけ考えて、3つの場所が存在した”問題”を無視してただゲートの解放だけをした。仲間が忠告したが主人公が逆ギレした。仕方なく仲間は主人公と共に再びMt. Sumeruに行ったが、今度はKalaに捕まれ、Kalaは「主人公が自分の一部」と言い、主人公がやってることは世界を救うではなく自分と同じただ破壊するだけと嘲笑った。主人公は怒りのあまりに力が暴走、見境なくMt. Sumeruの周りを破壊する。そして暴走した主人公の攻撃を前に、自分に責任があると感じたDharが主人公の攻撃を食い止めて……

と今はここまで来ました。たぶん後半戦は3つの場所の問題を完全に解決して、再びKalaに挑むかと思います。

主人公が自分が正しいと思い込み、まっすぐだが色々と暴走することは本当にアッコらしい。ここはぜひ吹き替えは潘さんが良いかも。

ぶっちゃけ戦闘とストーリー自体は結構良い感じと思います。もちろん英語だとちょっと違和感をおぼえることもあるけど、まあ最近は英語のゲームあまりやってないからだろう…。

ただ。

このゲームに面倒くさいアスレチックギミックがあまりにも多すぎる。特に二度目のMt. Sumeruは本当にただのアスレチック連続で、「いつまで続くんの?」ほどにうんざりした。ぼくは別にロックマンやりたいわけでもないので…。ジェムなどの取得ならともかく、ストーリーの正規ルートではこんなことばかり用意されても、ただイライラするだけだった、そもそも面白くないし。

そうそう、ここは長時間で詰んだのでとりあえず正解動画を置いとく。後半戦でTai Krungに行くときの。

 VPらしい戦闘なんですけど、ここまで来てわかることは、このゲームに成長要素はたぶんあまり無いと思います。ストーリーを進むと突然にHPが大幅に強化されるし。レベルアップしても強くなったとの実感はない(強いて言えばジェムを集めて攻撃回数と防御能力をパワーアップ)。ただ、中盤からでは回復手段が多いので、そこから戦闘はそんなに難しくない。キャラそれぞれの個性を利用すれば結構サクサク行ける、ちなみに特別に強いキャラはいないが、使いこなせば便利なキャラはそれなりいる。

むしろこのゲームはやはりアスレチックギミックが一番厄介。