かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

CRYSTAR

レビューバージョン PS4

これまではずっと、フリューならクソゲー、としか思ってなかった。ただし、このゲームは思ったより評価は良かったので、前々から興味を持ってた。もちろん、色々と調べるとこのゲームはどんな出来なゲームか、そしてどこが好評かある程度は理解した、が、やはり僕自身は自ら試してみないと気がすまないので、セールの機会を伺ってやはり手を出してしまった。

思ったより時間がかかったが、やっとクリアしました今、至った結論は、調べた評価と概ねは一致した。

ただ、好評であったシナリオは、最初からすでにそれを意識したせいで、展開ではいろんなことを考えて考察し、そしてキャラクターの行動と台詞をかなり警戒しており、途中でほとんどの謎を事前からある程度掴んでおり、いろんな事情もゲームで判明された時期よりも前、すでにある程度覚悟してしまい、最終的にシナリオはまともで繋がりは良かったけど、感動、驚く、というほどでもなかった。これはあるいみ、ゲームの評価を事前に調べた悪影響かもしれません。しかし、評価を調べなきゃそもそも手を出すことはなかった。結局、僕がこのゲームのシナリオを正しく評価する可能性は最初からないかもしれません。

しかし話の展開は概ね丁寧であり、話によってはグッと来ることもあるので、ゲームシナリオはほかのゲームと比べると、わりと良かったことも事実。ゆえにシナリオが好評自体ことは、納得しないこともない。また、演出やシステムデザインに関しては独特なので、ここは好印象である。

しかし、シナリオはまあ良いとして、ゲーム自体はアクションRPGであり、ここはあまり良かったのも調べた評価とたいてい一致。

全然遊べないこともなく、レスポンスなどの問題もそこまで苦痛ではなかった。しかし致命的なことは普通すぎる、あまりにも大味。正直最初から最後まで、やることは全然変わらなかった。爽快感もやりごたえもなく、ただただ同じことをずっと繰り返すという、単調でつまらない。フリューにしてはアクションは頑張ったかもしれないが、まともで普通すぎると逆に地味、退屈、面白みがないという問題が発生してしまう。この時代ではいろんなアクションゲームがすでに発売されており、シナリオが良いでなきゃ、わざわざこのゲームをやる意義はおそらくなにもないという。

また、ダンジョン自体はただのコピペで、背景が変わっただけでずっと同じ構成。敵の種類も少なく、色違いだらけである。ボスでも見た目以外、ほとんどは雑魚と同じモーション、攻撃パターン(強くなったもけど)。しかもシナリオのせいで、終盤では同じダンジョンを3回やらなきゃいけないこともあり、正直かなり退屈で苦痛だった。なぜクリアまでにここまで時間がかかってしまったのも、アクションとダンジョンは面白くないのが理由。

シナリオは頑張ったけど、これはラノベではなくアクションゲームなので、アクション部分はもっともっと頑張ってほしかった。この時代、「普通」ではもはや許されることではないのだ。

でも、最後までクリアは出来てしまった。展開はある程度読んでしまったものの、終盤の終盤の展開はクリアまで進まないと気がすまないので、ここも評価する。ならば、このゲームはおすすめか。アクションはかなりつまらないと覚悟ができているなら、暇つぶしにしては悪い選択肢でもない。

少なくとも、セレマ(犬)をナデナデするだけでも癒やされるゲームなのです。

ゲーム内容STANDARD システムPOOR グラフィック&演出POOR サウンドSTANDARD

STANDARD