かりんちゃんの随心遊戯日誌

PS4の情報を送ります!

チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!

レビューバージョン PS4 Pro

シリーズは未経験。ゆえにこのゲーム実は前作の焼き直しと言われても、正直ぼくには問題はなかった。

ローグライク系は一応少しプレイしたことはある、ゲーム自体もかなり普通でやや優しめのローグライクなので、ゲームクリアまでも問題はなかった。ほかのローグライクと違って、レベルはリセットされることはなく、メインストーリーでは装備をそのまま持ち込めるから、時間をかければ誰でもクリアできる。だからといってヌルいとはそんなことはなく、ちゃんとエンドレスのダンジョンや、制限ありのチャレンジダンジョンが用意されたので、ローグライク経験者でもそこそこ楽しめるとのことです。

正直、本当にかなり普通のローグライク系なので、レビューを書くほど内容はない…とは思ったが…

グラフィック自体はそこまで期待はしてませんけど、雑といえばPS2リマスターのようなグラフィック、が、ありえないほどロード時間が長い。特にランダムダンジョンだけではなく、街のロードもかなり長い。PS4の性能を考えると、このようなものは一体どうしてロードがこんなに長いか逆に疑問なんですけど、とりあえず最適化が全く評価できない。。

更にというと演出をスキップすることは出来ない。ダンジョンに入った途端、必ずダンジョンの名前が表示され、そして名前がゆっくりに消えるまで何もかも出来ない。階層の表示も。また、敵の攻撃演出が鬱陶しい、謎な硬直時間もあり、モンスターハウスなどのような敵が多い場所ではテンポがものすごく悪くてめちゃくちゃイライラする。なぜ倍速や演出スキップなどを用意できなかったのか?ローグライクやダンジョン系ではテンポが至上主義なのに、スクウェア・エニックスはまさか未だにそんなことを理解できてないのか。これだけでも駄作と評価せざるを得ない。

またダンジョンではカメラが固定。ダンジョン系ではそんなものはどうでもいい、とは自分もそうは思った、が、ラスボスとの戦いではラスボスの戦い方でもあって、ときに操作するチョコボが見えない、確認しづらい問題が発生した。理由はラスボスが無駄にデカイのでプレイヤーの視界を邪魔する。幸い、ラスボスだけだが…

快適性というと、街を無駄に広くにして、様々な施設をあちこち頻繁に走り回ることも、中盤からではかなり面倒くさい仕様と感じた。装備を強化するとこと、金や装備を預けるとこ、そして薬を買うとこや呪いを解くとこ、すべてが分散されており、ダンジョンから戻ってアイテムを整理するだけでもかなり時間を要る。ゲーム全体では優しめの難易度ですが、操作性やシステムでは人をイライラさせるものであった。

ただしバディ、ジョブが豊富、アイテムの種類も多いので、やりこみ要素は確かに満載とも言います。快適さ以外ではローグライクの面白さが一応健在、ハマればそこそこの時間泥棒。ストーリー自体はかなり適当な出来で、雑とも言えるが無難とも言える。そもそもローグライクではそこまで気にする必要でもない、かもしれない。

しかし、個人的にやりこみ系では快適性が最優先事項なので、このゲームはやはり不合格です。チョコボは確かに可愛いですけど。

ゲーム内容POOR システムPOOR グラフィック&演出RUBBISH サウンドSTANDARD

POOR