かりんちゃんの随心遊戯日誌

ゲームの日記、たまに政治の話、香港の話

23条・2

いま香港が制定しようとしている23条の反スパイ法などやらは、日本ではあまり伝われていないが、無理もない。国家安全法と比べてインパクトが弱いし、法のメイン対象は、そもそも他でもなく香港人なので、日本人にとって香港で商売するでなければ、被害はまずないだろう。

しかし、この法を色々見ていると、やはり本来の目的(スパイとか)を果たすよりも、単純に香港人の自由を、さらに絞り上げるにしか見えない。

 

例えば、よく見ていたコラムニストさんが分析した2つ事項を上げましょう。

 

まずは、機密のことだが、実は書類の条項をよく見ていると、政府の機密はまあ理解できるが、香港の経済や発展に関するデータ、さらに中国との関係やらも、政府の許可がなければ機密の例として挙げられる。

つまり、例えば日本の某企業の中抜きやらを暴露することも、スパイとして扱われ、犯罪となる。

いま日本では話題となっているパーティー券のことも、香港だと「機密」として扱われる、みたいな。

それこそ明確的なルールは示されてない。中国の反スパイ法と同じです(まあ結局「犬は飼い主に似る」ですから)。つまり欧米では機密として見てない、あるいは見て見ぬふりとしたものを、全部機密として扱われ、暴露すると23条に引っかかる。

 

もう一つは、新たに制定しようとしている罪:「もし誰かが”これから”23条の罪を犯そうとすることを知ていて、それを通報しなければ、あなたも犯人蔵匿罪として罪が問われる」

問題点は「これから」、つまりまだ発生してないということです。

これはとんでもないことです。「あいつが嫌いだし、なんかスパイみたいだからとりあえず通報するわ。」みたいのが大量発生するのです。

「かりんちゃんが来るべき台湾戦争では日本を味方するだろ」と通報されることもアリです(いや冗談抜きてよく考えたらまじヤバい、永住権申請中だけどこれだけで難民申請するわ…)

中国人は密告が大好きです。なぜなら他人の不幸を見るのが好きという民族ですから。これがどんな効果をもたらすか…

 

しかもこれらの条例では、冤罪対策とか全く用意されてないのです。とりあえず罰・罰・罰、というだけ。

 

だから香港は終わりですよ。

あっ、もう終わったか

23条。

毎日桐島かセクシー田中のニュースを見ていたが、やはり昨日香港の23条(反スパイ法)に注視している。まあ、正直国家安全法ですらこのざまなんですし、今更反スパイ法はあってもなくてもあまり変わらないだろうけど、あのピカチュウ(李家超)が「これですべての問題に句点をつける」という言葉を見ると、珍しく同意見ではあった。

 

ただし句点をつけるのは「香港自身」だがな。

 

「日本では反スパイ法成立を同意しているのにお前ダブルスタンダードじゃん?」

 

風刺漫画ですら国家安全法違反と言われる独裁世界に、反スパイ法はただの言論弾圧の道具ですね…例えば岸田さんを批判するだけで政権転覆と言われるみたいですよ、日本の悪口を言っただけでも機密情報で逮捕ですよ。いま香港の反スパイやら国家安全やらはすべて政権が決まったことで、欧米や日本が認めた当たり前の人権や自由ですら「禁忌」扱い。これが本当に「反スパイ」なのかね…?

 

官員ですら「機密情報」は「まあ常識で判断できるだろ」というふざけな論調ですし、お前の常識は本当に常識なのかね、それとも中国共産党や極左の常識なんだね。とくに国家安全法も、最初は法成立以前のことは計算しないとか、影響はごく少数とかいいましたよね、で結果は今の香港のこのざまです。

 

まあ結局のところ、やはり「信用」ですね。日本は中抜きとかパーティー券とか騒いたんだけど、どう転じてもディストピアみたいな世界にはならないだろう。

あとやはり民主制と議会、権力分立がちゃんとしてたことも大きい。

正直トランプ氏が再選されても、アメリカの議会はちゃんと彼を押さえるから、NATO脱退とかあまり心配しなくても良いと思う(むしろそれを防ぐためにいま議会が先手打ってたし、提案人の一人も共和党です)

 

今の香港の経済がヤバいなのに、23条を持ってきてとどめを刺すのは、もはや誰のせいでもないだろう。

 

香港の破壊を加速する。中国共産党や香港政府が意向であった。止めはしないな。

 

自分で自分を潰すのが好きですね中国という民族は。

ティッピーと尊子

以前タイトーのオンラインくじで引いたごちうさの諸々なんだが、もちろん千夜様がメインで確保済みだけど、このアンゴラウサギも当たりました…

まあ損はないからとりあえず応募して昨日届きましたが、予想以上のサイズで置き場所に困ってしまった…

この前最近、仕方なくどでかジャンボミクさん1匹を送り出したのに…

ソファに置くとほぼ持っていかれるほど巨大なサイズ。悩んだ挙句、90Lのポリ袋を調達して、こうして彼(彼女?)を包んで保管した。

これならフロアに置いても汚れないはず…

 

さて、今日は新聞紙を読むと、産経新聞がまた香港の記事を1面に置きました…。今回は尊子氏。日本ではまったく無名かもしれないが、香港では常に政治の風刺漫画を描いてた人物で、誰でも知ってる方です。

しかし、いまの香港の状況は彼の風刺漫画を許すわけもなく、すでに作品は発禁、新作も出せない状態です。罪は問われてないが、この前に彼がとあるアワードに参加したら(単純にゲストとして賞を授けるだけ)、香港政府があれこれアワードの主催者に文句を言った挙句、今後そのアワードの存在を一切認めないまで明言した。まるで彼は犯罪者のような扱いで。

そんな彼の作品はいま、香港ではなく日本の新聞紙でしか見れないことまで考えると、産経新聞に感激しつつ、やはり嘆いてしまう。

どうして香港がこんなふざけな場所になってしまったのか

今年は

Unityの案件もひとまず一段落なので、しばらく自主研究なんですが、贅沢な効果より安定性を求めるプロジェクトなので、グラフィックとのバトルはたぶんもうあまりないと思います。とはいえ、技術的にまだまだ学ばないといけないことが多いから、本の消化は継続ですが、一旦放置した『新・平家物語』と「日本の歴史」シリーズの消化を再開し、さらに今後の予定を考えました。

今年は基本悩み事はなるべく永住権の結果のみにしたいので、しばし雌伏したい。ゲームに関しては、FF7R2はほぼ確定なんですが、ほかに関してはまったく計画がないので、こればかりは気分次第です。

 

と、4月は出かけたいので、奈良旅行の計画を立ち上げました。すでに有給・ホテルの確保と新幹線の予約は済みましたので、あとはどこを回すだけです。正直奈良では行きたいところがあまり多すぎるので、予定では5日にしましたんだけど、それでも足りるかどうか、とりあえず飛鳥・奈良時代、そして南朝の史跡を抑えたい。

 

それ以外は、まだ白紙。意外とJREポイントがかなり溜まったので、あまり寒くない週末で、駅メモを埋める旅でもしようかな、と思ったんですけど、最近自主研究などに苦心した影響か、わりと疲れている状態で、週末になるとどこか抜けた気分でなかなか頑張れない。これも歳のせいか…

出勤でいつものパスタ屋さんで、気さくなママに「お兄ちゃん大人だね、珈琲はブラック…(中略)40?ええ?全然見えない!」、とか言われて思わず苦笑した。外見は人を騙せるけど、中身はやはり現実を語らうよね。

 

外見が若くに見える理由は、多分未だにアニメやらゲームに沈酔するだからじゃないかな(とはいえ最近両方もあまりしなくなった)。どこかまだすごく「子供っぽい」「甘い」「純粋さ」が残っている。思えば、4年前の香港デモでは苦しい思い出がいっぱいなんですけど、あれをきっかけに人生で初めて「成長」したとも言えるよな……あれがなかったら、多分未だにそこらへんのこどおじと同じように、実家でダラダラしていて、家事も全くしなく、未だに独立できずにいる

日本という知り合いが誰一人も居ない場所で、何でも一人で頑張らないといけない状況、ほんとうの意味で「人」として成長したと自分は思います。

今考えると、良いことなのか悪いことなのか…

 

あと、酒飲まないのも理由かもしれない。

 

僕は酒・タバコ・ギャンブル・女、全部やらないからね…(女は別にやりたくないわけじゃないが…

幻日のヨハネ体験版

なんかラブライブの皮を被った「スーパーバレットブレイク」?と思ったら本当にラブライブの皮を被った「スーパーバレットブレイク」だった…

 

ちょうど今日給料日なので、FF7R2を予約したところ、無料の体験版があるからちょっとやってみたが、ゲームの進行は完全に「スーパーバレットブレイク」ですね…

もちろん仕様的に少し異なる部分もあるが、やってみたら

やはりどう見ても「スーパーバレットブレイク」じゃないですか!!!

 

まあ、「スーパーバレットブレイク」は手頃価格なんですから別に文句は言わないけど、一応バランス調整がそこそこ上手いというのもそうなんだけど(しかしランダム要素が酷い)、

こっちはフルプライスですから、サンシャインのキャラも愛着感があまりないし、ちょっと躊躇うな…(しかもフルボイスじゃない)

 

Bexideだから少しは応援したいけど、どうするものか…

イギリスバージョンの「西太后」

よく見ていたコラムニストさんでこの話を知りました。イギリスのピアニストBrendan Kavanagh氏がイギリスの中国人グループと言い争い、そして騒ぎまで発展しました動画が、どうやら欧米ではそれなりのニュースになっているらしい。

Brendan Kavanagh氏は最終的にテレビの番組まで登場して事件を説明したので、このことで中国人の醜態が欧米で広がったようです。皮肉にも、その中国人グループがなぜ喧嘩を売ったのは、自分の顔を周知されたくないのきっかけだった。

 

まるでイギリスバージョンの「西太后」のことだが、共通点はやはり中国人は突然理由もなくキレること、しかも公的場所で自分だけの権利を一方的に主張すること(しかもお前これダメあれダメと相手を怒鳴りという、お前何様だよという態度)、そして弱い立場に回されると、よく自分が虐められるように宣伝することです。今回Brendan Kavanagh氏との言い争いがすぐ劣勢になった途端(イギリス人と喧嘩するなんて百年早い)、ひたすらレイシストを連呼。残念なことに、欧米でも近年では過激な極左思想が広がり、こういう「レイシスト」にとくに敏感する人もたくさんいる。そして今回ではなぜか一人調停に来た女警がその系です。(そういう系統の人はあるいみバカと同じ、言い争っても無駄)

 

Brendan Kavanagh氏は終始ユーモアがある発言で中国人グループと戯けるが、中国人グループはやはり「共産党」やら政治的に言葉に敏感し激昂、そしてあまりにも低すぎるレベルの英語でBrendan Kavanagh氏と喧嘩しました(「you are not the same age」とかさすがに腹が痛い)。アグレッシブ態度を取る中国人グループは結局ネットで醜態を晒すことにより、世界に見事に中国人のレベルを示しました。

 

まあ、そんな感じ。詳しく調べてないけど、コラムニストさんによると、動画の中国人グループの3人の女も、共産党とある程度の繋がりがあるという。やはり外国にいる中国人は何らかの背景があるよね。

 

中国人は全員もそんな人じゃないだろう、という人もいるだろうけど。残念なことだが自分が香港で数十年で見た感想では、DNAに刻まれた性格ですから、どうぐらい隠されたという違いだけですね。まあ香港人はイギリス教育を受けてある程度うまく隠されましたが、最近香港政府、とくに民主デモ以降の香港政府を見ると、結局やはりいざっと言うときでは爆発するのです(とりわけ、嫉妬深い、メンタルが豆腐、面子が命より重要のが共通です)。ただ、「西太后」とことといい、今のこの事件と言い、やはり本土の人は本当にやることも考えることも違うんだな…と改めて思う

 

やはり香港はイギリスに統治されるべきですね。だって我ら(香港人)は劣等民族です、優秀のイギリス人に統治されるほうが幸せなのです。

でなきゃ今の自分もあの動画の中国人と同じようなことをしていたかもしれない。そこまで考えると思わずゾッとする。

ナスダック総合指数と香港ハンセン

経済や株に関してはわりと素人なんですけど、それでもナスダック総合指数ぐらいは知っていますし、いまNISAでもそっちに投資しています(しかも儲けている。

と、最近香港掲示板を見てみると、ナスダック総合指数が香港ハンセンを超えているという、数年前では全く予想できないことが、現実となっている。

思えばナスダック総合指数は大抵数千ぐらいだったよな、香港ハンセンはいつも2万ぐらいだった。それでいま、まさかの逆転劇が演じている。

 

それは結局何を意味するか、香港親中や中国共産党の「国家安全」で自ら招いた結果であり、民主派や自由を粛清した「堕落」現実だけが残っていた。

私は笑う、大きく笑う。

 

香港は潰されたかもしれないが、親中や中国共産党のやっていたことが間違っているということが証明されたからです。もちろんやつらは必死(に詭弁する)だろうけど、数字は嘘をつかない。

 

今の自分は、本当に中国共産党を潰せるなら自らの命すらいらないみたい感情が胸の奥底から湧き上がる。

 

そして、今の気持ちを、一言に言うと

キンペーざまみろ。