かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

キムタクが如く

スパイダーマンのほうはもうすぐクリアなので(あとラスボスだけです)、記事はレビューとクリア感想にします。まあ、最近頭痛が多発するのはスパイダーマンのせいかもしれないが(今日も酷い頭痛があった…

 

と、昨日衝撃に発表されたキムタクが如く。最初に思ったことは、キムタクってジャニーズだぞ?肖像権がうるさいとこぞ?いいのか?実際SHAREは厳しいと思ったが、体験版ではとくに制限がないことは意外だった。

以前でも思ったが、アドベンチャーゲームに大物俳優を起用すれば、めちゃ話題になれるじゃないかな、バカ売れじゃないかな。ともちろん予算は厳しいだろうし、そもそもゲーム自体も有名じゃないと俳優は嫌がるだろう…となごっさんがこの思ったことをよく実現した…

と体験版は配信された。感想といえば、龍が如くそのまま。戦闘そのまま、マップそのまま、キャラの動きもそのまま。

なんだこれただの龍が如くじゃねえか

尾行とかチェイスとかいろんな探偵要素を体験版で用意されたが、チェイスはそもそも龍3と龍4にもあったよな…探偵だからアドベンチャーメインだろうけど、いきなりチンピラと戦闘した…結局、探偵版龍が如く。

何より舞台はなぜかまた神室町…。マップまで龍が如く6の使い回し。東京は神室町だけじゃないし、新規IPだから正直別のとこやMAPを用意してほしかった。これじゃ…本当にキムタクが如くじゃんか…

まあ発売が早いのも、使い回しが多いだからだろう…

良かったことは、探偵の雰囲気をはまあまあよく出している。あと主人公はキムタクだから、キムタクを動かすことも結構シュール。ラスボスは新しい地図の3人だったらパーフェクトだが。

ちなみに脚本は古田、龍0の。ここは期待できるポイントかも。

発売日で買うかどうかはまだ悩む。12月は現状かなりの激戦区になったし、なんとも言えん。

PS4『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』、1月発売へ

バンダイナムコエンターテインメントは本日、PS4『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』の発売日を2019年1月11日と発表した。通常版は6156円、限定版は11988円。また、公式サイトも本日でオープンした。

公式サイト

ラスレムがついに卒業…PS4版『THE LAST REMNANT Remastered』が12月配信

長い間に渡るPSのラスレムはいよいよ卒業となる。スクウェア・エニックスは本日、PS4版『THE LAST REMNANT Remastered』を12月6日で4298円、ダウンロード限定発売と発表した。

先月ではSteam版の配信が突然停止されたため、何かの動きが来るかと思われたか、やっとPSのラスレムが来ましたね…

公式サイト

「PlayStation LineUp Tour」での発表

大まかはこれぐらい

  • サプライズといえばセガ・名越氏からの新作『JUDGE EYES:死神の遺言』、主人公はキムタク。12月13日発売、体験版は本日配信予定
  • サイゲームスからの『Project Awakening』新作
  • 馬場氏からの新作、新規RPGでタイトル未定
  • FFCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCBリマスター
  • 『GOD EATER 3』12月13日発売
  • 『DEAD OR ALIVE 6』2月15日発売
  • サムライスピリッツ新作が2019年
  • 『レフトアライブ』2月28日発売
  • ガングレイヴ新作『GUNDRAVE GORE』

今週のPS4タイトル紹介

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

スクウェア・エニックス

シリーズリブートの最終章、今度は機種先行独占がなくて普通に全機種同時発売。もはや完結編という扱いだから、やることは基本前2作とそこまで変わらない、と思う。もちろんグラフィックやシステムの向上は、ある程度あると思うけど。

ブラッククローバー カルテットナイツ

バンダイナムコエンターテインメント

ジャンプの事情あまり詳しくないので、名前すら聞いたこと無い。ゆえに言えることはない…

不死身の男、スパイダーマッ!!

ファーストトラベル解禁まで。

ゲーム内容は本当に出来が良いオープンワールドにすぎないかもしれないが、快適な作りで移動などもストレスあまりたまらないからこれだけでもかなり遊べる。コンテンツはメインストーリーを進むとどんどん開放されるから、マップはそこまで広くないがそれでもなかなか飽きない。もちろん、寄り道をやりすぎだとそれはさすがに仕方ないこともあるけど

戦闘については、バットマンと違ってカウンターよりも回避するのがポイントです。とりあえず頭上に出る警告マークに注意して、敵の攻撃を華麗に回避することを優先すれば、割と楽です。様々なガジェットは段階的に解禁されるが、どれも便利なものだから使いこなせば戦闘も楽になる。まあ、最近のオープンワールドではよくあることなんだけど。

もちろんデブは相変わらずうざいだがな。

それでも油断したらすぐ死ぬのはノーマル難易度、防御はあまり信用できないということです。

ただしステルスプレイの仕様を分かれば敵AIは割とアホだし、ステルスできるなら全部ステルスで片付けるほうが一番楽です。

神ゲーかどうかは、正直オープンワールドゲームとしては新鮮味はあまり無いかもしれない。ただしヒーローごっこやスパイダーマンごっこだとかなり出来が良い。また、新しいことこそ無いものの、完成度は高いので、GOTYレベルではなくてもアクションそこまで苦手じゃなかったらきっと楽しめるはず。そんなとこ。