かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

『Cyberpunk 2077』のいくつの情報が判明。

今回のE3では『Cyberpunk 2077』が正式に公開されたが、CDPRによるとゲームは未だにワークインプログレス段階で、多くの人が気にするゲームプレイ動画についてはまだ一般に見せる状況ではなく、今ではメディア向けにクローズドドア公開のみとなっている。

それでも、いくつの情報は判明された。今回はVG247の記事からいくつ重要なことを翻訳しました(感想やそのへんは省略)

まず、このゲームは『ウィッチャー3』と違ってファーストパーソンRPGだそうです。なにがファーストパーソンRPGというと、まあ、「Fallout」シリーズや、TESシリーズのようなものです。

主人公に関しては、プレイヤーはVという傭兵を操作している。Vの外見や能力は最初からカスタマイズすることができ、性別、血液型や入れ墨など、そして服などもカスタマイズ可能です。ちなみに服によってほかのNPCにも様々な影響が出る、たとえばほかのNPCがあなたをどのようで見るとか、つまりただの外見の違いではなく、あなたの好みが確実にゲームを影響することです。

能力に関してはStrength(強さ)、Constitution(組織)、Intelligence(知能)、Reflex(反応)、Tech(技術)とCool(クール)の6種類が用意されてる。効果は今の情報では判明できない。また、クラスは用意されるが最初では自由に選択することができない。クラスはプレイヤーがゲームを進行するとき、あなたの行動によって定義されるという。

まだ、これまでの人生を選択することができます。例えば小さいの頃ではどのキャラがあなたに影響するか。CDPRによると、これはゲームプレイやほかのNPCのVに対する感情を直接影響するため、非常的に重要だそうだ。

ゲームはFPSRPG、スキルポイントでスキルをアンロックし、ボーダーランズのように敵を攻撃するとダメージ数字が出る。ただ、このゲームではドライブも重要だそうで、車以外でもほかの乗り物を操作できるとCDPRが示唆する。現時点、ドライブの時点打ではサードパーソン視点に変更することができます。

メディア向けの動画ではJackieというパートナーNPCが用意されてる。『ウィッチャー3』と同じく、ほかのNPCとのやり取りが可能です。ちなみに関係を築くこともできる、つまり、その、まあ、ああいうものだ、18禁だからな。

VG247によるとカットシーンはあるがどこからはカットシーンなのか判別することが難しいという。これはFPSRPGということなのでわりとワクワクする情報です。つまりゲームプレイからカットシーンまでの流れは異常にスムースとのことです。

また、グラフィックはとても素晴らしく、まるで次世代とVG247がコメントしている。おそらくPS5とマルチしても全く問題ないという。

 

Ripper Docにたどり着くとスキルや強化ができます。メディア向けの動画ではVが眼球を変えたという(機械なので)。新しい眼球では敵の弱点をスキャンするなどができ、能力を強化できます。ちなみに金は必要です。

 

ゲームではそれなり暴力的で、銃撃戦が多めだそうです。

 

情報で判明された地域は6つ、City Center、Watson、Westbrook、Heywood、PacificaとSanto Domingo。それぞれの雰囲気では違うだそうです。 

VG247