読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

ニーア オートマタ

レビューバージョン:PS4 Pro

前作は独特な世界観(ヨコオワールド)と音楽がめちゃ評価されて、PS3時代の名作に伸し上がった作品。今回もほぼ前作の雰囲気と世界観を引き継いた、ストーリーやクエスト、そして音楽なども前作が好きならばまず満足するクォリティと思います。キャラクターや内容は違うものの、やはりニーアだ、という場面が多い。ゆえに、前作の正統進化と言ってもいいだろう。

なにせ、前作では批判されたことはグラフィックやアクション面は、今回では強化された。アクションの面白さに定評のあるプラチナゲームズが開発を担当するから、アクションは確かによく出来ていると思います。グラフィックはPS4だとやや物足りないクォリティかも知れないが、合格レベルと思います。まあ、前作のグラフィックはアレだし、そもそもDODを含めて、こういうグラフィックだから雰囲気が出るわけで、そこは批判しない。

メインストーリーは短いだが、サブクエストを含めてやりこみ要素がそれなり用意されてるから、そこまで考えるとボリュームはちょうどいいかも。まあメインストーリーはもうちょっと掘り下げてほしかったのも本音だが、最後ではなんだかってすごい満足したので、ストーリーやボリュームについては文句はないというか、ここ最近心に残るRPGがあまりないから、期待通りでした。

シナリオに何が魅力があるか、というと、やはりキャラクターの個性をよく表現してることだろう、あとやはり世界観と設定、まあこのゲームの魅力は自らやらないとわからないものが多いから(とくに雰囲気も最大の要因ですから)、言えることはあまり多くないが、感動的で切ないということだろうか。とくに終盤の秘密解明はわりとグッとくるものだから、序盤の伏線を含めてすべての作り込みがすごくうまいですね。あと、中毒性ものも用意されてるのが大きいかな(笑)。

音楽は期待通りだからもうここあえて褒めることはないだろう。

不満点といえば、シューティングとハッキング。まあハッキングもシューティングと変わらないからシューティングかな。アクションRPGなのにシューティングの比重が大きい。2週目ではハッキングを含めてシューティングがゲームの主体と考えてもいいぐらいほどうざい。救済要素は用意されたのはありがたいが、ぼくはアクションRPGやりたいからこのゲームを買ったわけで、シューティングの多さは鬱陶しいであった。そもそも必要性はそこまでないし、ただの無駄な演出でしたね。とくにハッキングの作業性はダルいというか、んーそこは面白くない。

イクラ弾幕は前作でもあるから出るのは予想できるが、操作までシューティング仕様に変わるのは完全に予想外でした。

ヨコオのことを考えると、「何なのだこれは!どうすればいいのだ?!」が狙いなんだろうけど、でもユーザーから見ると、こういう予想外のことはやはりストレスの要因である。まあDODの理不尽音ゲーと比べると、こんなSTGは普通だろう、とファンが思うだろうけど。

あと、よく操作キャラを見失う、色の問題でよく敵と見間違えるし、そもそも背景と同一化に見えることも多い。とくに一部のステージでは、周りが暗いのもあって、わりとイライラしてた。

まあ結論的にいうとストーリーと雰囲気がメインだから、やはり賛否両論。そもそも一部の欠点は製作者がわざと入れたものだし、批判しても意味が無いな。ただシステム面に関しては確かに進化したので、個人的にすごい満足でした。とくに最終のエンディングを含めて救済も多いし、まあヨコオワールドのゲームでは最高傑作でしょう。シナリオが心に残るRPGは、本当に久しぶりだった。そういうことを考えると、グッドです。

 

ゲーム内容:EXCELLENT システム:GREAT グラフィック&演出:STANDARD サウンド:PERFECT

EXCELLENT