かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

E3雑感

今回のE3は間違いなく「伝説」でした。「トリコ」「FF7リメイク」「シェンムー3」、どれも毎年では定番ネタで誰も来ると思わないことが、今回一気にSCEカンファレンスでやってきました。Nothing is impossible。恐らく誰でも唖然したはず、そしてこの歴史的な瞬間を目撃したぼくは、その気持は言葉では伝えられない。(もしや戦ヴァル4も不可能ではないかもしれない)

そうですね、どれも奇跡です。そして奇跡を同じカンファレンスで三回もです。今年のE3は、間違いなく伝説で永遠に語られ続けるだろう。だって、恐らくもうこれ以上の奇跡が来ないと思います。

面白いことに、この3つの奇跡も「和ゲー」です。つまりやはり世界は「和ゲー」を求めています。しかし今の日本市場を見て、この3つの奇跡を再び現れるか、ぼくは心配です。スマホゲーやソーシャルゲームでは、到底的にこのようなことにはならない。そう、ソーシャルゲームは数百万ダウンロードがあっても、全世界の記憶と感動にはならないんです。ガチャはカード集めたらそれで終わり、しかし家庭用ゲームはストーリーからキャラクター、そして戦闘からシステムなど、記憶に残ることがたくさんがあります。そして日本のゲームでは、やはり海外のゲームよりも、それを作ることが上手い。だからもし日本はこのまま家庭用ゲームを諦め、スマホに逃げるとしたら、これは全世界の遺憾です。

下は音量要注意。

見ましょう、このような感動。これはガチャでは手に入れないのです。これこそゲームの”熱量”ですよ。

今年のE3では、PS4XB1が完全に収穫期に入りました。日本とは完全に別世界のようです。そしてPS3という前世代のハードは、完全に消えました(Vitaもだが)。日本ではまだまだPS3が強いだろうが、北米市場では絶滅のような存在で、もはや過去のハードのようです。この差は、もはや挽回できないだろうか…?

そして和サードの存在感だが、スクウェア・エニックスだけになりました。いいえ、スクウェア・エニックスだけではないかもしれないが、スクウェア・エニックスだけが輝いている。日本と海外のゲーム両方上手くバランスを取って、見事に世界と共に次世代に移行した。そして日本もPS4普及させようという気持ち。本当にPS3時代のスクエニは何だったのか…?

と、話はここまでだが、今回ぼくが気に入ったタイトルは以上のタイトルではありません。いいえ、「トリコ」は確かに期待していますが、それ以上のものがありますからです。このE3で、ぼくが一番気に入ったタイトルはこの3つです。

『Horizon: Zero Dawn』はリーク情報からすでに期待してたので、今回はただの確認だけです。想像以上に面白いから、今のところ来年では絶対購入するタイトルです、そしてGOTYとして期待しています。『Unravel』は、EAカンファレンスでは最初フリープレイタイトルかな?と笑いましたが、動画を見ると、まさか横スクロールでもこれほどのグラフィックがあってビックリした、そして雰囲気も悪くない。正直割りと気に入ったのです。

最後では『NieR New Project』です。まあ前作は音楽ですごい気に入ったからですね。まさか続編が出るとは本当に予想できません。プラチナゲームズは技術あるけどほかは正直イマイチだが、今回ニーアのスタッフと一緒ではまさに絶妙な組み合わせです。

さて、VRについては実際体験しないとわからないからここでは多く語らません。次はいよいよTGSですね(GamescomはSCEがスキップしたので、情報はFF15ぐらいです)、SCEJAはそもそも去年カンファのハードル越えれるかどうか…