かりんちゃんのPS4宅急便

PS4の情報を送ります!

『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』ハッシュタグキャンペーンは今日まで

プレゼントを欲しくばTwitterで「#LWA_限定版予約した」ツイートするだけでいいよ。あっ、でも詐欺はしないでね。

 

スパクロのグランシャリオン参戦を見ると、据え置きスパロボ参戦はやはり無理かな…スパクロはネタ参戦しやすいから出来ただけで…

ソース:公式サイト

ソニックフォース

レビューバージョン PS4 Pro

あまりにも唐突すぎるかもしれませんが、クリアレビューです。

えっと、どこから始めるべきか、とりあえず面白くないか?と聞かれると、そうでもない。ストーリーはなかなか熱くなったし(雑なこともあるけどまあまあ良かった)、『ソニックマニア』の謎も少し解明されたし、久しぶりにソニックらしさ、ハイスピードアクションを楽しめたし、個人的になかなかのものですよ。グラフィックも綺麗で、クォリティだけというと、たぶんここ近年一番出来が良い作品かもしれません。ソニック2や3時代のステージが3D化されることも見れるので、ソニック好きならまず喜ぶこともある。

だけど短すぎだ。

フルプライス作品が発売日でクリアすることは正直初めてなんですね…しかも仕事休んでない状態でね。数えてないけど、おおよそ4時間ぐらいでクリアできました。そして終わりました。あとはやりこみぐらいしか残ってないが、興味が無いならばこの作品は本当にここで終わった。

なんというか、ちょっと寂しいというか、物足りないというか、数年も掛けて作ったゲームが、半日だけでクリアできるボリュームはちょっと切ないんですよね。

問題はおそらくいくつがある。まずは殆どのステージはハイスピードアクション。いや、ソニックだからハイスピードだけは間違いないけど、ハイスピードでわりとリニア的な作りが致命的ですね。しかも殆どの時間はソニックが走るのを見ただけで、たまにジャンプボタンを押すこと。もちろん全部ではないけど、さすがにちょっと単調も感じたし、何より楽しいけど短い。あっという間に終わったこと。しかも3人が操作可能だけど(モダン、クラシック、アバター)、実はほとんどハイスピードであった。アバターステージだけはそこそこ爽快だけど、やはり前に走るだけという記憶しかない。

ソニックキャラクターはほぼ全員出演するけど、悪い意味でゲスト出演だけですね、声とイベントムービーだけで出てくる。使えないし活躍することもない。

もう一つ問題はおそらく、親切すぎてかなり簡単。特に今回最大の敵はほかでもなく穴だけで、雑魚ロボットもただの飾りであった。正直ボスを含めて敵で詰んだこと思い出はない。また、ミスしても何度でもチェックポイントから挑むことが可能で、親切だけど逆にボリュームを殺した、おかげで同じステージを何度も遊ぶ必要もないが、ステージはほとんど走るしか記憶がなく、簡単に言うと頭に残らなかった。ソニックアドベンチャーやPS2時代のソニックゲームでも手こずったステージはあったんで、それでも今ではよく覚えるけど、今回はこの親切すぎる仕様のせいで、逆に淡泊すぎるであった。

ボス戦でも、まあラストボスだけはさすがにちょっと面倒だけど、それでも全体的から見るとチャレンジ的ではない。ちなみにすでにノーマルでやってますので。また、宣伝ではシャドウやカオスなどもいるけど、戦えないのもかなりがっかりした。

ソニックアドベンチャーのような探索系ゲームではなくても、『ソニックヒーローズ』とかはかなり時間をかかってクリアした思い出があった。『ソニックジェネレーションズ』だって1週間ぐらいだった。でもこのゲームは本当に内容は良いがあまりにも短くて物足りない。ゲームの構造的にもステージを進むしかほかのやることはない。確かにミッションとかもあるけど、それも全部コレクションみたいなもので、気分次第のものである。現時点最高峰のソニックゲームであることは確かなんですけど、フルプライスとして考えると、ボリュームは最悪かもしれません。そんなアンバランスのゲームです。

まあ、でもソニック好きなら一応オススメではある。

ゲーム内容POOR システムGREAT グラフィック&演出GREAT サウンドGREAT

STANDARD

噂:『二ノ国II レヴァナントキングダム』延期、…かもしれない

海外とある情報によると、Best Buyから1月発売の『二ノ国II レヴァナントキングダム』延期通知を受け取ったとのこと。新たな発売日は3月9日という。もし本当だったら二度目の延期となるだが、現状ではこのフォーラムでしか情報がない。

 

確かに最近では新情報はないけどさ…もし本当だったらぼくの1月をどうしてくれるの(´;ω;`)

ソース:海外フォーラム

『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』新情報

カウントダウンあと3週間。新たな情報が判明された。ここでは少しのまとめ(詳しいのは雑誌で

リーダースキル:誰かリーダーを設定にするとそれぞれの固有能力が発動できる。例えばアッコは一度だけ50%まで復活とか、コンスだとスタンポットが出てきて支援するとか、ロッテは宝の位置を探知できるとか、スーシィはキノコ使えるとか、アマンダは報酬アップとか、ヤスミンカはエリア移動回復とか、ダイアナは全体ステータスアップとか

合成エンチャント:合成でアクセサリーを強化することが可能、効果も素材を応じて追加される。ただしアクセサリーごとにエンチャント枠がある、無限に強化できるわけではない

サブクエストでは魚TOEICとか…パイシーズ先生絡む生徒も…

小鍵:レベル上げやアイテム収集ダンジョン、7種類の難易度

大鍵:メインダンジョン、ボスあり

『ソニックフォース』、PS4 Proでも基本PS4とそれほど変わらず

明日では発売となるが、『ソニックフォース』の最適機種はどうやら基本PS4のようだ。Eurogamerによると、本タイトルはPS4でもPS4 Proでも解像度は1080pのままなので、PS4 Proだと改善点はあまりないと分析されている。そもそも基本PS4でも60fpsなので、結局のところ、Proには対応するかもしれないが、それほど大きな恩恵を受けないとのこと。

ちなみにほかの機種だと最近発売された箱X以外損である。

As you would expect, the scalability of the engine is crucial when assessing the multiple ports, but it's safe to say that the sweet spot lies with the base PlayStation 4. Scale up to Xbox One X and PS4 Pro and the advantages are limited. Drop down to base Xbox One or Switch and you lose a lot.

ソース:Eurogamer

アサシン クリード オリジンズ

レビューバージョン PC

UBIといえばアサシンクリード。アサシンクリードといえば同じことを繰り返し。そんなイメージを打破するために、開発はこのシリーズに1年の休憩時間を与え、オリジンズでは徹底的に見直すこととアピールした。はてさて、今回のアサシンクリードはどうなるか。

実にいうと、「アサシンクリード」の皮を被った劣化『ウィッチャー3』であった。

今回のアサシンクリードはオープンワールドアクションゲームからオープンワールドアクションRPGに変わった。そして色々と見覚えることがこのゲームでは体験できる。なんか既視感があるとよく考えたら『ウィッチャー3』に似ているからだった。戦闘システムから始め、サブクエストややりこみなど、本当に色々と『ウィッチャー3』っぽくて、過去作からの経験者からすると、実に少し違和感があるが最初は楽しかった。ならばこれは素晴らしいゲームか?というと、それほどでもない。

アサシンクリードといえば同じことを繰り返し。この点においては結論から言うと打破できなかった。簡単に言うとメインクエストの作り込みは本当に素晴らしいが、サブクエストや寄り道は同じことを繰り返すだけだった。敵の拠点を潜入しリーダーを殺害、宝を奪取、最初は楽しかったが、あまりこのような「やりこみ」が多すぎるため、中盤からではうんざりという感想しか無かった。何より敵の拠点は似たようなものばかりで、敵リーダーも特に言った魅力がなく、ただのモブである。宝も宝らしいものがあまりなく、ほとんど売るだけだった。「やりこみ」だけならまたしても、サブクエストもほとんどこのような行為を繰り返すだけであった。ちょっとだけ台詞を用意して、あちこちに移動するだけで、そんなサブクエストが多い。簡単に言えば味がない、つまりお使い。『ウィッチャー3』はサブクエストでもかなり作り込んでるが、こちらはやはり比べると物足りない。量こそは多いが、質はだめだった。だから劣化『ウィッチャー3』であった。

そもそもメインクエストを含めて分岐が用意されてない。ゆえに最初から最後までも変化がなく、それも『ウィッチャー3』と比べると劣化であった。ただアサシンクリードの世界観やシステムを、そのまま『ウィッチャー3』のようなオープンワールドRPGにぶち込むだけだった。だからやはり「同じことを繰り返し」、宿命は破られなかった。

さらに問題が起きた、これまでのアサクリはただのアクションゲームだから、寄り道を一切無視してメインだけ進むことは可能であったが、今回はRPGに変わったため、簡単にはできなかった。なぜと言うとRPGだからレベルが導入された。そしてレベルは『ウィッチャー3』のように、クエストクリアのみ大量の経験が入る。そしてこのゲームではレベル差によるペナルティが大きい、2~3レベル離れるだけでもうなかなか敵を倒せない。しかしメインクエストを消化するだけでは、プレイヤーレベルが間違いなくメインクエストの設定レベルに追いつかない。これは中盤から終盤までもそうである。ゆえに嫌でもサブクエストや寄り道をいくつをクリアすることが必要であった。アサクリだからステルスゲームなのでは?違います、これはARPGです。たとえ隠れようとも、レベルが離れるとステルスキルができません。ましてメインクエストでは対面バトルまであるので、レベル足りないとまずクリアすることは難しい(ほぼ無理と思われる)。

最初ではやることが多くてかなりワクワクしたが、中盤以降では飽きてきてメインだけ進めようともなかなかうまくいかない。よく考えたらなぜレベルが導入されたのか、良かった点が全然ないと思います。『ウィッチャー3』ではそういう問題が無かったので、結論というと設定ミスかもしれません。しかし寄り道が面白くないため、「同じことを繰り返し」のイメージが逆により一層悪化したという。

戦闘システムについては、過去作ではいい印象が全然ないから別にかまわないけど、あまりアサシンらしくないも少し残念。自分の盾が脆すぎるのも残念。ただ、ステルスキルでは多彩なので、別に一番古い時代だからやることは単純ということはありません。まあ、敵はアホだらけなのが少し残念だがな…

ストーリーについては、いつも通りかなりあっさりで(唐突過ぎて惑うことは何度もあったが、これアサクリだから仕方ないと妥協するしか無い)味がないキャラクターがたくさん登場するが、メインクエストはまったく魅力がないわけでもない。特に中盤ではかなり感動したところもある。しかし、途中ではアヤという女性を登場させ、しかもかなり重要なシーン(そもそもラストではもはやアヤの物語であった)では彼女を操作しないといけないのが、かなりの違和感がある(主人公は誰なのか?)。ジャンルはアクションRPGになったが、ストーリーはいつもの説明無し、唐突なことばかり起きるアサクリであった。

最初では確かに楽しかったし、総合に言うとストレスも感じたことも無いので、アサシンクリード作品としては奇跡的な出来かもしれない。しかし、よく考えるとマンネリ化を打破するためにムリヤリにアクションRPG化して、そしてレベル制などの導入によって結局またしても「同じことを繰り返し」になったことも、残念としか言いようがない。それでも、この作品は4以来の良作だと思います、少なくとも最初の十時間は、たぶん楽しい。

ゲーム内容STANDARD システムGREAT グラフィック&演出GREAT サウンドSTANDARD

GREAT

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』がリメイク

アクアプラスは本日、PS4向けに『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』がリメイクされると発表した。発売日は2018年4月26日。

リメイク作では戦闘パートが完全3D視点となる、また演出面の強化やオープニングが高画質化など、様々な改善点が挙げられてる。

ソース:電撃